カトマンズニュース

街でインド料理屋さんを見かけることも多くなりましたが、「インド・ネパール料理」っていうお店、見かけませんか?神戸元町や神戸三宮でも多くなってきた、インド料理はイメージできるけど、そもそもネパール料理って??おんなじカレーじゃないの??ネパールに旅行に行ったり、ネパール料理屋さんに入った方はご存じだと思いますが、

ネパール・インドの本場カレーをどうぞ!

本格インド料理600円〜 神戸カトマンズダイニング
ネパール料理の味付けも基本的にはカレーがメインになることが多いのです。でも、ちょっと違うのです。ネパールでの一般的な食事といえば、ダルバート。ネパールでは、家庭でもごく普通に食べられていて、ネパールに行くと必ず食べることができます。

ちなみに、ダルバートとは、ダル(豆スープ)+バート(ご飯)という意味。この豆スープがカレー風味なのですが、インドのカレーよりも粘り気もなく、さらっとしているんですね。じゃ、日本でよく見る、いわゆる「インドカレー」ってどんなのかというと、、巨大なナンが必ずついてくるんです!インド料理、チベット料理、中華料理が混ざった料理といってもいいかもしれません。

なぜなら、周りの国の食べ物の影響を受けて、ネパール風にアレンジされたものだからなんです。
(もちろん、ネパールオリジナルの料理もありますが)たとえば、ネパール料理としてよく食べる「モモ」。いわゆる「蒸し餃子」で、肉はマトン(ヒツジですね)が使われることが多いです。でも、もともと、このモモはチベットの料理なんですね。こんな風にネパール料理は、ほかの国の影響をすごく受けて、進化させているのです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。